冷えは母体と胎児の大敵

普段から冷え性の女性は少なくないようですが、妊娠中は特に冷えが起きやすくなります。
妊娠中の冷えは母体だけでなく胎児にもよくないので十分な注意が必要です。

なぜ妊娠すると冷えやすくなるのかというと、女性ホルモンの変動により血流の役目を担っていたホルモンの働きが悪くなるので血流が滞り冷えにつながるというわけです。
また母体の血液は胎児に酸素や栄養を運ぶために使われるので、母体の血流が悪くなるケースもあります。

冷えが母体と胎児に及ぼす悪影響

冷えが及ぼす母体への悪影響として、つわりがひどくなったり子宮の機能の低下による難産、逆子の可能性アップ、母乳の出の悪化などが挙げられます。
つわりの原因は妊娠中のプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が原因ですが、冷えはプロゲステロンの分泌を行なう自律神経を乱しつわりをおこしてしまうのです。
さらに自律神経が乱れると便秘、むくみ、お腹の張りなどの体調不良にもつながりやすくなります。
冷えは体の血流がよくないことが原因なので、子宮も血流も低下します。
そのために子宮の機能も悪くなり、出産時に収縮運動が十分に行われず難産になりがちです。

また、身体が冷えているのですから胎児のいる子宮内も冷えています。
すると胎児は子宮内の温かい場所を探して動き回るので逆子になる可能性が高まるのです。
逆子になると帝王切開で出産しなければならなりません。
さらに、母乳は血液が元となっているので、冷えで血流がよくないと母乳が出にくくなりひいては母乳育児ができなくなってしまいます。

冷えが悪影響を及ぼすのは母体だけでありません。
母体の血流がよくないことで胎児に十分な栄養が行き渡らず流産になるケースも見られます。
流産にはらなくても、母体内での成長が滞って低体重で出産したり、発達遅延や運動障害が起こる場合もあります。

冷えを防ぐためにこんな点に注意

妊娠中の冷えの対策法として、以下の点が挙げられます。
ひとつ目が、身体を締め付けるような服を避けることです。
身体が締め付けられると血管が圧迫されて血流が悪くなり冷えにつながるので、なるべくゆったりとした服を着るようにしましょう。
ふたつ目に、適度な運動を行なうことです。
体調が優れない、つわりがつらいといったことで身体を動かす機会が少なくなりがちですが、それでは筋力が低下してしまいます。
筋力が低下すると血流も悪くなるので、無理をしない程度にウオーキングなどの軽い運動を行なうことをおすすめします。
また、シャワーや冷房のつけっぱなしも身体を冷やしますから注意しましょう。
さらにストレスも神経バランスを乱し冷えを誘発するので、自分なりの適度なストレス解消法を見つけることも大切です。