妊娠力を高める食材あれこれ

妊活をうまく行なうには生活習慣を正しいものにする必要があります。
そのためには、日々の食事を見直したりバランスのよいものにするなども重要です。

食習慣の見直しや改善を行ないながら、妊娠力を高める食材を毎日の食事に取り入れるのもいいでしょう。
ここでは、妊娠力をアップする食べ物をいくつか紹介しましょう。
これらの食べ物は女性だけでなく男性にも効果があるものもあります。

こんな食材が妊活力を高めてくれる

まず最初に、納豆をおすすめします。
納豆には多くの鉄分が含まれており、これは妊娠ホルモンの分泌を促してくれます。
鉄分は妊娠に欠かせない栄養素なのでしっかりと摂取することが大切です。

次に、玄米は全粒粉パンです。
白米や普通のパンといった単純炭水化物よりも玄米や全粒粉パンなどの複合炭水化物は排卵を正常化してくれます。

そして、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品もしっかり摂りましょう。
乳製品には生殖器の健康維持に大切なカルシウムを豊富に含んでいます。
これらは朝食などの取り入れやすいので、毎日続けることができますよね。

また魚類、それもサバやイワシなどの「青魚」をできるだけ食べるようにしましょう。
青魚にはオメガ3という栄養素が豊富で、生殖器機能をアップしたり不妊の原因ともなるストレスの緩和の働きをしてくれます。
しかしオメガ3は体の中で生成することができないので食事から摂るしかありません。

アボカドはホルモンのバランスを整え生殖器の機能を正常にしてくれるビタミンEが豊富に含まれています。

山芋や里芋には亜鉛がたくさんの亜鉛が含まれています。
亜鉛というと男性の生殖機能をアップさせるものと思っている人も多いかと思いますが、女性の妊娠ホルモンを分泌させたり卵子を作ったりといった役目もあると理解しましょう。

卵は「完全栄養食」といわれるように豊富な栄養素をバランスよく含んでいます。
特にセレンは精子の運動率をアップさせるので受精する確率が高まります。

ストレスは不妊の原因となりやすいのですが、ゴマに豊富に含まれるリノール酸はストレスの緩和に効果があります。
男性ホルモンの分泌にも役立つので特に男性は意識して摂ることをおすすめします。

妊活のために食材以外でも気を付ける点

これらの栄養は妊娠力を高めてくれるので積極的に食べるようにしましょう。
ただいくら妊活力がアップするとはいえそればかり食べていては栄養が偏ってしまうので、バランスの良い食事を心掛けましょう。
その他に食事で注意したいのは、身体を温めてくれる食べ物を摂り冷やす食べ物はできるだけ控えることです。
また、日々の食事で摂れない栄養素を補うために妊活サプリを利用するのもおすすめです。