葉酸サプリが妊活におすすめな理由

葉酸は妊活には絶対に欠かせない存在です。元気で健やかな赤ちゃんが欲しいなら、妊娠に必要な栄養素をしっかりと補っていきましょう。

現在妊活中の人は、さまざまなサプリメントを飲んでいたり、運動などに勤しんでいることだと思います。妊娠の基礎となる栄養素と言えば「葉酸」。ですが、実際に葉酸を摂取するのはなかなか難しいものです。そこで利用したいのが、葉酸サプリです。それでは、葉酸がどのようなはたらきをするのか調べていきましょう。

そもそも葉酸とはどういうものなの?

葉酸とは、ビタミンの仲間の一つで具体的に言えば、ビタミンB群の一部です。葉酸を多く含まれるのは、ホウレンソウをはじめとする葉っぱ系の野菜ですので、その性質から「葉酸」という名前が付きました。
葉酸は、たんぱく質を作るために必要な栄養のほか、細胞の形成、DNAを作る働きがあります。身体を作るためには特に摂取しておきたい栄養素だと言えます。
特に赤ちゃんの場合は、血液を作らなければいけません。その血液で重要な赤血球を作りやすくしたり、細胞分裂を正常に行わせることで、健やかな身体を作ることができます。
もしも、この葉酸が不足した状態で胎児が育ってしまうと、健康面に不安が残った状態で出産になってしまったり、発育不全の原因にもなります。
もちろん、成人にも必要な栄養素であり、脳卒中や心筋梗塞と言った疾病を予防する要因として注目されています。葉酸ばかりを摂取するのではなく、あくまでも健康的な食生活と適度な運動を兼ね備えた上での結果ですので、「葉酸サプリを飲むだけでOK」という訳ではないということを理解しておきましょう。特に妊婦さんは、葉酸だけでなく、他の栄養素をまんべんなく摂取して赤ちゃんの成長を見守りましょう。

葉酸を摂取するには

葉酸をたくさん含有している食品の代表例を出すと、ホウレンソウ・モロヘイヤ・ブロッコリーなどの緑黄色野菜が挙げられます。これらの野菜は葉酸以外にもたっぷりの栄養素が含まれていますので、健康食品などにもよく利用されています。野菜以外だと、いちごなどの果物であったり、レバーなどの肉類にも含まれています。これらの材料を上手に使って摂取したいところです。
妊娠していない成人であれば、通常の食事で葉酸を十分に摂取することができているようです。普段の食事に野菜が少ない人は1品緑黄色野菜を追加するくらいでいいでしょう。
ですが、妊娠中の人になると、赤ちゃんにも葉酸をたっぷり与えなければいけないので、単純に考えても2人分の葉酸が必要となります。特に、ダイエットをしている女性は食事制限によって葉酸が足りなくなっていることが多いので妊娠中はダイエットではなく、赤ちゃんをしっかりと育成することを目標にし、野菜をしっかりと取ってバランスのよい食事にしましょう。もちろん、肉や魚などのタンパク質も必要です。
葉酸は、たくさん摂取すればよいというものでもありません。野菜だけで補うのであれば摂り過ぎるということはあまり考えられませんが、サプリメントを利用するときは、いつも以上に葉酸が含まれているので、過剰摂取によって副作用が発生することがあります。そのため、用法・用量をきちんと守って服用しましょう。

葉酸サプリで健康な妊活を

妊娠中になると、いつも以上に食事がのどを通らなかったり、食べても戻してしまったりして上手に栄養を身体に取り入れることができなくなってしまいます。そんな時にもお腹の中では赤ちゃんが成長していますので、そのまま食べずにいると栄養不足となってしまいます。
そこで使いたいのが葉酸サプリメントです。サプリメントであれば、食欲がなくてもそのまま飲むことができます。